妊娠中の注意点

2014年2月7日 / 未分類

地中海地方に多いシソ科の植物で重みのある温かい香り、かつハーブのスパイシーな香りも加わります。

 
効能は心を穏やかに緊張を解きほぐしてリラックスさせる働きがあります。

 
忙しい現代人は交感神経が高まりすぎでなかなか精神が安まらないことが多く、十分な休息ができていません。

 

疲れを癒してくれくれるアロマオイルは今の時代のニーズにあっています。
鎮静作用、殺菌作用、自律神経調節、抗うつ、抗炎症、抗菌、抗ウイルス、コレステロールを下げる、筋肉痛、脚の疲れ、むくみ、高血圧、ニキビなど幅広い効能があります。

 
成分のスクラレロールはエストロゲンという女性ホルモンに似た作用があるので、更年期障害、月経痛、生理不順、月経前緊張症、おりものの異常などの女性特有の不調を改善する効能にも優れています。

 
しかし妊娠中には使用を控える必要があります。

 
月経をスムーズにする、月経を誘発するなどの通経作用がある為に妊娠期間に使用するには適していません。

 
特に妊娠初期などの不安定な時期には要注意です。

 
しかし37週、38週以降の出産準備をするころには、この通経作用を利用して分娩を促すこともできるのです。

 
痛みを緩和する作用もあるので出産時に活躍するアロマオイルです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る