効果的な使用方法とは

2014年2月7日 / 未分類

 

 

私たちは、髪の毛を洗う時にシャンプーを使用します。シャンプーには、汚れを落とす泡の成分を出すと同時に、ほのかな香りが放たれます。

 

これは、製品内に含まれる香料の働きによるもので、香料にはエッセンシャルオイルが多く使用されています。

 

エッセンシャルオイルは、芳香成分を含んだ有機化合物で、精油とも呼ばれている物質です。

 

天然の成分で抽出されたものと定義され、液体が蒸発されることで香りを放つ特徴が持たれています。

 

こうした精油を用いたポピュラーな自然療法に、アロマテラピーがあります。

 

アロマテラピーには、立ちこめる蒸気を吸引したり浴槽に入れるなどの様々な使用方法がありますが、基本的にどの方法を用いても構わないものとされます。

 

また、アロマテラピーには精油の成分に応じて、効能が変化されることが知られています。スクラレオールと呼ばれる成分には、女性ホルモンの分泌に関与される特性があり、更年期障害で悩める女性に効果があるものとされます。

 

この症状は、ある年齢を境目に卵巣の機能が著しく低下することで、ヒステリーや血圧の乱れなどの体調不良を引き起こします。

 

「体調がすぐれない」と感じた時に、精油を洗面器の水に注ぐと香りが演出され、効能が発揮された状態で使用されることになります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る