カテゴリー「未分類」の記事

使用上の注意点について

2014年2月7日 / 未分類

 

 

ナッツのような甘さとウッディーな香りが特徴のエッセンシャルオイルです。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするスクラレオールという成分を含んでいるため女性向けの精油と言えます。

 

エストロゲンは加齢とともに少なくなっていくことで更年期障害などを引き起こしますので、この精油を使うことで女性ホルモンのバランスを整え症状を和らげることができます。

 

また、生理痛やホルモンバランスが崩れることで起きる様々な女性特有の症状に効果が期待できます。

 

しかし、妊娠中のホルモンは否妊娠時とは異なりますので使用は避けます。

 

悩み事や不安を抱えている時、リラックスしたい時、気持ちを落ち着けたい時に効果のあるオイルですが、高濃度で使用すると集中力が散漫になりますので使用直後の車の運転は控えましょう。

 

また、車の運転同様に注意が必要なのが飲酒する予定がある場合です。まれに、悪酔いすることがあります。

血行促進や身体を温める効果もありますので、筋肉痛などを和らげるマッサージに利用したり、アロマバスなどで使用すると良いでしょう。香りそのものに幸福感をアップさせる効果がありますので、気分が落ち込んでいるなどに香りを楽しむようにしましょう。

 

精神高揚作用が最も高いオイルです。

他オイルとのブレンドの相性について

2014年2月7日 / 未分類

 

柑橘系や樹木系の香りがよく合います。

 
ウッディーやシトラスとも呼びます。

 
樹木系の香りの代表としては、少しスパイシーさがあり日本のヒノキの香りにも近いとされるサイプレス、白檀として古くからお香などで親しまれているサンダルウッドの精油、ヨーロッパアカマツのエッセンシャルオイルであるパインなどがあります。

 
ウッディーな香りはアロマバスにするのによく合いますので、リラックスやリフレッシュしたいバスタイムにおすすめ出来ます。

 
柑橘系の香りのエッセンシャルオイルとは相性がよく、また取っつきやすい香りのため迷った時はまずこちらで試すといいでしょう。

 
代表的な柑橘系のエッセンシャルオイルとしては、オレンジやレモンなどが果物のイメージそのままの香りで扱いやすいです。

 
グレープフルーツやライムなども、同様です。

 
気持ちを明るく上向きにしてくれる香りなので、芳香浴におすすめです。

 
紅茶のアールグレイの香りとして有名なベルガモットも同系列の香りですが、一般的なエッセンシャルオイルのなかでは最も光毒性が強いので注意が必要です。

 
エッセンシャルオイルはブレンドすることで香りも深みを増し、効果もより期待できるようになります。

 
二種類だけでなく、三種類ほど混ぜてもいいでしょう。

効果的な使用方法とは

2014年2月7日 / 未分類

 

 

私たちは、髪の毛を洗う時にシャンプーを使用します。シャンプーには、汚れを落とす泡の成分を出すと同時に、ほのかな香りが放たれます。

 

これは、製品内に含まれる香料の働きによるもので、香料にはエッセンシャルオイルが多く使用されています。

 

エッセンシャルオイルは、芳香成分を含んだ有機化合物で、精油とも呼ばれている物質です。

 

天然の成分で抽出されたものと定義され、液体が蒸発されることで香りを放つ特徴が持たれています。

 

こうした精油を用いたポピュラーな自然療法に、アロマテラピーがあります。

 

アロマテラピーには、立ちこめる蒸気を吸引したり浴槽に入れるなどの様々な使用方法がありますが、基本的にどの方法を用いても構わないものとされます。

 

また、アロマテラピーには精油の成分に応じて、効能が変化されることが知られています。スクラレオールと呼ばれる成分には、女性ホルモンの分泌に関与される特性があり、更年期障害で悩める女性に効果があるものとされます。

 

この症状は、ある年齢を境目に卵巣の機能が著しく低下することで、ヒステリーや血圧の乱れなどの体調不良を引き起こします。

 

「体調がすぐれない」と感じた時に、精油を洗面器の水に注ぐと香りが演出され、効能が発揮された状態で使用されることになります。

妊娠中の注意点

2014年2月7日 / 未分類

地中海地方に多いシソ科の植物で重みのある温かい香り、かつハーブのスパイシーな香りも加わります。

 
効能は心を穏やかに緊張を解きほぐしてリラックスさせる働きがあります。

 
忙しい現代人は交感神経が高まりすぎでなかなか精神が安まらないことが多く、十分な休息ができていません。

 

疲れを癒してくれくれるアロマオイルは今の時代のニーズにあっています。
鎮静作用、殺菌作用、自律神経調節、抗うつ、抗炎症、抗菌、抗ウイルス、コレステロールを下げる、筋肉痛、脚の疲れ、むくみ、高血圧、ニキビなど幅広い効能があります。

 
成分のスクラレロールはエストロゲンという女性ホルモンに似た作用があるので、更年期障害、月経痛、生理不順、月経前緊張症、おりものの異常などの女性特有の不調を改善する効能にも優れています。

 
しかし妊娠中には使用を控える必要があります。

 
月経をスムーズにする、月経を誘発するなどの通経作用がある為に妊娠期間に使用するには適していません。

 
特に妊娠初期などの不安定な時期には要注意です。

 
しかし37週、38週以降の出産準備をするころには、この通経作用を利用して分娩を促すこともできるのです。

 
痛みを緩和する作用もあるので出産時に活躍するアロマオイルです。

女性ホルモン、エストロゲンに似た成分について

2014年2月7日 / 未分類

更年期障害やPMS(月経前症候群)といった女性特有のトラブルは、体内の女性ホルモンのバランスが崩れた時に起こるものです。

 

これらのつらい症状を緩和するために、女性ホルモンを外部から補充することが効果的だと言われています。婦人科を受診すれば女性ホルモン剤を処方してもらえますが、なるべくなら薬には頼りたくないものです。

 
植物由来の女性ホルモン様物質として、大豆に含まれるイソフラボンがよく知られていて、サプリメントが発売されています。最近注目されているのが、あるハーブを材料にしたアロマオイルに含まれるスクラレオールです。

 
スクラレオールの分子構造は、女性ホルモンのエストロゲンに似ているため、体内で女性ホルモンと同じように働きます。そのため、更年期障害や生理不順など女性ホルモンのバランスの不調によって起こるさまざまな症状を和らげ、リラックス状態になることが期待されています。

 
ただし、子宮内膜症や乳がんなど女性ホルモンによって悪化する恐れが病気を持っている方は避ける方がよいです。

 

また、このアロマオイルには酢酸リナリルとリナロールという交感神経の緊張を緩めて鎮静作用をもたらす成分も含まれているため、車の運転など集中力が必要となる場合には使わないことが大切です。

お肌への影響について

2014年2月7日 / 未分類

アロマオイルは香りによっていろいろな効果を得ることができます。ほのかに甘みとあたたかみを含んだスパイシーな香りがします。

 

心を穏やかにする優れた働きがあり、緊張を癒して気持ちを楽にすることができるのです。

 

プレッシャーを感じているときや精神的に緊張している状態のときに使用すると心を深く鎮めて安らぎを与えてくれます。

 

また悲観的な感情に取りつかれているときにも優しく心をあたためて幸福感を感じることができます。気持ちの面での効果だけではありません。

 

お肌にも影響を与えることができます。皮脂バランスを調整する作用があるので脂っぽい皮膚や頭皮、フケ等に効果を期待することができます。

 

また毛髪促進にも効果を感じることができるので、薄毛対策として使用することができます。

 

日ごろから使用したい場合は、無香料シャンプーにブレンドして使用することで皮脂バランスを整えることができ、気軽に生活の中に取り入れることができます。

 

毎日無理なく使用することができるということが魅力です。

 

この他にもお風呂に入浴剤のように垂らして使用することもできます。

 

香りと効果を同時に感じることができるので、リラックスした時間を過ごすことができます。

身体への影響について

2014年2月7日 / 未分類

地中海に多いシソ科のハーブで、花と葉から抽出されるアロマオイルです。

 
ハーブ特有のスバイシーな香りでありながら、重みのあるフルーティーで温かみも感じる香りです。

 
有名な効能として、女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用があります。これはスクラレオールという成分で女性特有の症状を和らげてくれるのです。

 
月経痛、月経不順、月経をスムーズに促す、月経前困難症、更年期障害などの症状に効果があります。

 

 

 
ホルモンバランスの不調で悩む女性にまずお勧めできるアロマオイルです。
心を穏やかに緊張を解きほぐしてくれる精神安定効果や抗うつ効果もあり、多忙でストレスを溜めやすく精神的な高ぶりが続きやすい現代人に、睡眠を促したりほっとする安らぎを与えてくれます。

 
その他にも幅広い身体への効能があります。

 
消炎、消毒、収斂、殺菌、消臭、消化促進、健胃、強壮作用や鎮痛作用、血圧効果作用と調節作用、などです。

 
鎮痛作用があるので、頭痛や筋肉痛など様々な生活シーンの痛みに活用できます。

 
リラックス効果があるために、車の運転時など集中力を要するときには使用の注意が必要です。

 
また、アルコールの酔いを助長する香りでもあるので飲酒時にも注意が必要です。

精神面への影響について

2014年2月7日 / 未分類

アロマオイルの中には、ホルモンのバランスを整え、月経不順や生理の時の苦痛を軽減し、女性特有の多くのトラブルを解消してくれるものがあります。

 

このようなオイルは鎮静作用があり、月経の周期を整えたり、精神面の安定性を向上させたり、血行を促進させる働きなど、数多くの効果があるのです。

 
このオイルは分娩時に使用すると、この痛みを上手く取りのぞく作用があり、出産の時の身体的な負担を大幅に軽くする効能もあります。

 
又、精神的に高揚し緊張しているときには、このオイルが心を静めてくれますので、精神的混乱を招いているような状況では、非常に効果の高いオイルとなるのです。

 
そして、このオイルの効果としては、不安や精神的な疲労を解消する心理面の鎮静作用に加え、身体的なむくみの解消や炎症の改善など、美容面のトラブルにも優れた効果があります。

 

その為、乾燥肌やニキビなどでお悩みの方には、このオイルは最適なものとなっているのです。

 
更に、このオイルはホルモンのバランスを整え、女性の方に多い精神的なストレスからくる性的な機能の障害を改善する効果に優れているために、この機能を正常に回復させ、生理不順や更年期障害、不感症などを改善する事が出来るのです。

クラリセージの芳香成分とは

2014年1月21日 / 未分類

ほのかな甘みを持つ温かなハーブのような香りを生み出す元となる、芳香成分にはリナロール、酢酸リナリル、シネオールなどが含まれています。

 
リナロールや酢酸リナリルはベルガモットのような香りを持つとされる成分で、香料としても使われています。

 
一方でシネオールは樟脳のようなさわやかな香りを持つ成分で、香料の他にも食品添加物や化粧品にも利用されています。

 
シネオールには炎症や痛みを和らげる作用があるとされ、口中清涼剤やせき止めにも使われています。

 
シネオールは白血病細胞を殺す作用や副鼻腔炎の治療に効果があると言われています。

 
これらが合わさり生まれる香りは、心を穏やかにする作用があるとされています。

 
プレッシャーを和らげて、ブルーな気持ちに陥っているときも気持ちを上向きにする手伝いをしてくれます。

 
また、スクラレオールという成分が含まれていることも有名なエッセンシャルオイルでもあります。

 
女性が体内で分泌する成分に構造が似ていることから、月経前緊張症や生理痛の緩和などに役立つとされ、女性にオススメされることの多いエッセンシャルオイルです。

 
カリオフィレンという成分も含まれており、それは鎮静力が強く集中力が低下することのある成分です。

 
そのため、仕事や勉強、車の運転を際には使用を避けるようにも言われています。

TOPへ戻る